電脳網千句第9 賦白何百韻 進行表 2019.2.1〜

1折表     
001         1   雪吊や六義(むくさ)の苑の澪つくし  如月 冬 雪は降物(雪は4句物、「雪吊」と熟語になので、4句の外) 数字 苑(園)は居所 澪つくしは水路標識なので水辺用) 
002         2   春立ちぬれどなほ年の内        楽歳  冬 年内立春は連歌冬の季
003         3  曳かれゆく車はかろき音をもちて   梢風  雑
004         4   うたあはせとて身なり整へ       蘭舎  雑 「身なり」も身体のうち
005         5   畳(たた)なはる山を清めし初あらし  羽衣  秋 初嵐は吹物 山類
006         6   険しき径に谷紅葉追ふ   夢梯  秋 紅葉は3句物(只1、梅桜などに1、草紅葉1)谷は山類体
007         7  雲晴れて月をしるべに頼りたき     遊香  秋 月 光物 夜分 聳物
008         8 ほとほとと戸を叩く旅人         朝姫  雑 旅 居所体 人倫 
1折裏     
009         1   書きぶりの美しき真名手習へる   千草  雑
010         2  いと賢しげに結ぶ口元          如月  雑 身体
011         3   陽は西に扇をかざす夏衣       楽歳  夏 光物 衣類
012         4  銘をつけよとたまはりし鉢       梢風  雑 「銘」メイは字音、字訓は「しるす・きざむ」。「鉢」は字音、字訓とも「はち」 
013         5   よろこぶもなげくもいつか時すぎて  蘭舎  雑
014         6   松の千年をよぎる花びら        羽衣   春 花 木類
015         7   入り江より眺むる富士の薄霞      蘭舎  春 聳物 水辺 山類 名所
016         8   暦めくりて新しき春            遊香   春
017         9   触れ待ちて心なぎたる振りもせで    朝姫  雑 恋
018         10   惜しくもあらぬ文殻の数         千草   雑 恋 文は3句物(只1、恋1、旅1)
019         11   おとなひし庵の主の臈長けて      如月   雑 居所体 人倫 
020         12   そのもてなしのまつむしのこゑ      楽歳  秋 まつむしは1句物、虫類
021         13   ゆくりなく風にすすきの渦生れぬ   梢風  秋 すすき(薄)は3句物(只1、尾花1、すぐろ・ほやなど1) 風は吹物 
022         14   平らな原に月のいざよひ  蘭舎  秋 月 光物 夜分 原は地儀
 2折表    
023         1   戦慄てあづま路くだる都びと     羽衣   雑 旅 人倫 都は国郡、3句物(只1、名所1、旅1
024         2   蛇(へみ)の出づるや於爾の現るゝや  夢梯  雑 蛇は連歌では虫類 鬼は1句物
025         3   岩かげに打ち捨てられし鈴ひとつ    遊香  雑 岩は地儀 
026         4  ひなの里みにかずら橋揺れ       朝姫 雑 居所(里) 橋は5句物(只1、御階1、梯1、名所1、浮橋1)鄙びた里近くのかずら橋なので、この橋は名所の橋。谷が山類なので、橋は山類用の可能性があり、また『連珠合璧集』は橋を水辺に指定。かずらは「かづら」が古式ですが、祖谷渓では「かずら橋」と表記 
027         5  山の音ふと止み髪のかぐはしき     千草   雑 山類体 人体 
028         6  時雨の先に根の国の坂          如月  冬 降物(時雨は2句物、秋1、冬1) 根の国は黄泉の国のことで、国郡には当たらず、哀傷。坂は山類体。 
029         7   榾の火に語部もまた揺らぎけり  楽歳   冬 榾は燃料なので非木類 人倫
030         8  あやかしの子はあやかしとなる      梢風   雑
031         9  携へしふくべをみたす甘き酒        蘭舎  雑 飲食 
032         10  夢見心地のとろりとろりと         羽衣   雑 この夢は非夜分
033         11 若草の薫るいのちに枕して        夢梯  春 旅 草類 いのち(命)は2句もの(只1、虫の命など1)  
034         12  はや遠のきし雉子の鳴き声        遊香  春 鳥類  
035         13  逢ひがたき君の面影おぼろ月      朝姫   春 月 光物 夜分 恋 面影は2句もの(只1、花月などに1) 人倫
036         14  佐保姫を描く筆の絵すがた        千草   春
 2折裏    
037         1 田の神の坐(ましま)す水辺幤きよく   如月   雑 神祇 田と田は7句 田は地儀 水辺は水辺体
038         2   笛に太鼓に歌ぞながるる       楽歳  雑
039         3  ねんごろなまうけ調ふおん館      梢風   雑 館は居所体
040         4  雲のはたてに何ながむらむ      蘭舎  雑 聳物 
041         5  花かつみ旅の翁の道連れは     羽衣   夏 花かつみ(夏の水辺の草)草類 旅 人倫
042         6  笈に檜の笠杖に矢立も         夢梯  雑 旅 
043         7  重き荷を背負ひて馬のつぶやかず   遊香   馬(駒)は1句もの、獣類 
044          8  風に尋ぬる天地の声          朝姫  雑 吹物 天地は天象+地儀
045         9  月うけて忘扇は文殿に        千草   秋 月 光物 夜分 文殿は非居所
046         10  長き学びの夫に秋寂ぶ        如月  秋 述懐 人倫