1 20元の風景

20192月、桂林はおよそ1ヵ月間晴れた日がなかったそうだ。曇り空が続き、ときおり雨がしょぼついた。

どんよりとした空模様。春霞――といえば風雅であるが、どこか寒々とした冬の名残の霧が、桂林と陽朔の間の漓江を包んでいた。オフ・シーズンの漓江下りだが、14億近い人が暮らす中国であり、余暇を楽しむ人がどんどん増えている中国であるから、船着き場は混み合っていてオフの感じはしない。

桂林の漓江下りとなるときまって引っ張り出されるのが中唐の文人・韓愈の「送桂州厳大夫」の漢詩の一節。

  江作青羅帯 山如碧玉簪

「江は青羅の帶をなし,山は碧玉の簪のごとし」(川は青いうすぎぬの帯となり、山は緑の玉のかんざしのようである)。桂林の観光地化はこの一節が起源となって、宋の時代までに山水画の古里としての桂林・漓江への視座が固定した。

早春2月下旬、漓江沿いの風変わりな山々の頂は霧に包まれ、曇天を下の漓江の川面は鈍い鉛色である。だが、そこはそれ、山の頂はうっすらと春霞につつまれ、船はあくまで青い水面をゆるゆると進む、という風に視覚を調整するのが観光というものである。

さて、漓江の風景はサントリーの烏龍茶のコマーシャル映像で日本でもすっかり有名になった。CMの映像を念押し確認するために桂林に出かけた日本人観光客は少なくないだろう。

中国ではもともと有名だった景勝地・桂林の風景を、紙幣のデザインがさらに拍車をかけた。中国の20元札は、表は毛沢東の肖像だが、裏には漓江の風景画が使われている。この風景は桂林と陽朔の間にある興坪(シンピン)あたりを描いたものだといわれている。

川下りの船が興坪を通る時、中国人の観光客は用意してきた20元札を手にデッキに駆け上り、スマートフォンで20元札の漓江と本物の漓江を同時に写真に収めようとする。



2 いかだ

桂林から陽朔まで遊覧船で4時間ほどのクルーズになる。船はせかず急がず漓江をゆるゆると下って行った。そのわきを何隻かの遊覧船が追い抜いて行った。川下りを急ぐのは運賃が安い船だ、とガイドさんが説明した。この船は4つ星の船で、5つ星の船はまだない。いま建造中だ。彼はそう言った。



漓江の川岸にいかだがずらりと並んで浮かんでいる。観光筏である。観光筏はまっこう川風にさらされるので、早春のこの時期、客は少ない。それにプラスティックのパイプを繋いだ筏では、そう遠くまでいけないだろう。周辺をぐるぐるっと回っておしまい。時間のない忙しい観光客、節約志向の旅行者向けである。だいじょうぶかなあ、といった感じの筏船だが、かえってそのことで興味をそそられるツーリストもいることだろう。

桂林と漓江の川下りはかれこれ4半世紀ぶりである。

1995年の9月に北京で国連世界女性会議が開かれた。たまたまそのころはオーストラリアに住んでいた。オーストラリアのNGOに誘われて、つれあいともども北京へ行った。会議閉会後、オーストラリアのグループがオーガナイズした北京―西安―桂林―上海のグループ旅行にも参加した。

4半世紀前の中国は今の中国とだいぶ違った。江沢民氏がケ小平氏の跡を継いで中国の実権を握ってまだ間もないころだ。北京の王府井にある北京百貨大楼の品ぞろえも素朴な商品が多く、さらに、商品を置く棚に空白部分が目立った。だが、上海へ行くと南京東路の百貨店には日本製の女性用衣料品や化粧品が揃えてあった。中国がまだ消費生活という意味では途上国だったころの国内地域差である。

西安でグループを案内してくれたガイドさんは、西安の市民に代わってオーストラリアの友人を熱烈歓迎いたします、といった硬い感じだった。だが、上海のガイドさんの身のこなしや口ぶりには、中華人民共和国の匂いが無かった。どこかアメリカ育ちの中国人のような、社会主義中国にとらわれない逸脱ぶりというか闊達さが感じられた。

今回、桂林を案内してくれたガイドさんは、中国東北部の大学で日本語を学び、桂林に来て、かれこれ20年ほど旅行会社で働いている、といった。桂林とその周辺に日本人を案内し、時々、中国人を連れて日本へ行く。すこぶる達者な日本語を駆使し、日本事情にもめっぽう詳しい人だった。

さらに、日本人と中国人の生活習慣、嗜好、ものの考え方についても、依怙贔屓なしに皮肉を言い、あるいは褒めて、笑い話に仕立てた。中国と日本をよく知る外国人の日本人・中国人比較論のおもむきである。自国民も他国民も同じように客観視できる、そういうタイプの職業人がそだっているのだなあ、と感心したものだ。

さて、19959月の漓江下りはまだ夏のことで、韓愈の言うように山は緑濃く、川は青かった。その時も漓江には筏が浮かんでいた。当時はこんな風に。





3 桂林山水甲天下

「桂林山水甲天下」――桂林の山水は天下一品だという。



曇天下、春の霧に包まれてどこかぼんやりした山水の眺めはいいもんだ。19959月の漓江下りの時は夏の日差しがあったが、写真を見ると、こちらもどこかけぶった感じがする。



あのころはまだフィルム写真の時代で、この写真もフィルムからデジタル化したものだ。カメラをフィルムからデジタルに切り替えたさい、保存していたフィルムのおもなものをスキャナーでデジタル化した。デジタル化のプロセスで映像のキレが失われたのだろう。

あるいは桂林一帯は日本と同じように、夏には湿度が高く、湿気のせいでピシッとした写真がとれないのかもしれない。

2019年早春の漓江も、1995年晩夏の漓江もおなじようにどこかぼんやりとかすんでいた。

  

山水の眺めは変わらず――たかが4半世紀で山水が変容するわけもなく、乗船した船もたいして変わってはいなかった。

客を寛がせ、ビールを出し、食事を提供し、ときどきは「間もなく写真ポイントです」と船内放送で客をデッキに上らせる。

1995年の漓江遊覧船には船尾に台所のスペースがあった。そこで白い上っ張りを着た料理人が働いていた。調理していたのか、食器洗いなどの食後のあと片づけをしていたの、今となっては記憶が定かではない。

    

現在の遊覧船のランチはキャビンに保温容器を並べたブッフェ式だ。1995年のころは、給仕さんが料理の入ったお皿を席まで運んでくれたような気がする。ランチを楽しむために乗った船ではないから、ケータリングの変化など、まあ、どうでもいいことなのだが。

遊覧船の終点・陽朔には観光用の商店街が出来上がっていた。山水に浸った時間をあっという間に忘れさせるにぎやかなショッピング街だった。

(写真と文: 花崎泰雄)